CASESE-ASPROの導入事例

  1. TOP
  2. E-ASPROの導入事例
  3. 家具・インテリアショップ|直営店・通信販売事業

直営店と通販を一元管理し業務の効率化を実現

直営店(テナント)、通販の顧客ますた・ポイントデータ・商品マスタ・在庫データを統合、販売ロスの解消と効果的な販促を可能にし売上UP!業務の効率化も実現!!

目的

顧客マスタ・ポイントデータの共通化
直営店(テナント)、通販の各顧客データを一元化
店舗 / 通販での発注ポイントを一元化し独自の販促に活用
商品マスタ・在庫データの一元化
小売事業、通販事業でバラバラの商品マスターを統一
店舗 / 通販 / 倉庫在庫を一元管理しチャンスロスを解消
物流業務の統一
店舗配送、個人宅配送のルール化
物流業務の機械化、見える化、効率化、制度高向上

問題・課題

事業部毎に独、乱立したシステム構築
店舗システム、通販システム等は、各事業部毎にシステム導入を進めてきた
システム間の連携や、マスタやデータの連携などが図れず業務に支障をきたした
各業務、部署毎にマスタがあり、統一化されていない
店舗数の各隊に伴い顧客数が増加、別々のシステムで稼働しているため、連携が取れなかった。(主なマスタは商品マスタ、顧客マスタなど)
販売可能な在庫が把握できないため、店舗、通販の営業部で、欠品、販売チャンスロスが起きていた
システムが分断されていたため、タイムリーに販売、可能な商品在庫が把握できていなかった
顧客からのキャンセル・納期変更が多く、サービス工向上が図れなかった

解決・改善

全社統一の基幹システムの構築、導入
先行で刷新した通販システムを生かしながら、店舗の多機能POSシステムも総合的に管理できる基幹システムを導入、商品 / 顧客マスタや在庫データなど、情報の共通化、一元を実現
統合データベースの採用により、他社製システムとシームレスに連携
統合データベースの採用により、マスタデータを一元化し、他社製システムの連携を容易にした
システムだけではなく、マスタメンテのルール化を作成し、社内でルールの徹底を実現
在庫データの一元管理、共通化
店舗、通販での共通の在庫データを参照、販売可能な商品在庫を把握できるようになった
顧客の要望に迅速に対応できるようになり、チャンスロスを解消、顧客サービスが向上し売上がUP