CASESE-ASPROの導入事例

  1. TOP
  2. E-ASPROの導入事例
  3. お菓子製造・販売メーカー|直営店・通信販売事業

路面・百貨店・通販の「顧客」「商品」「在庫」データを一元管理

路面店・百貨店、通販の顧客マスタ・ポイントデータ・商品マスタ在庫データを一元化、販売ロス解消・顧客サービス向上・過剰在庫削減、社内業務管理の効率化を実現!

目的

顧客マスタ・ポイントデータの共通化
路面店・百貨店、通販の各顧客データを一元化
路面店、通販でポイントを相互利用
商品マスタ・在庫データの一元化
小売事業、通販事業でバラバラの商品マスターを統一
店舗在庫、通販在庫、倉庫在庫を一元管理
物流業務の統一
店舗配送、個人宅配送のルール化
物流業務の機械化、見える化、効率化、制度高向上

問題・課題

事業部毎に独、乱立したシステム構築
情報システム部門など、システムを管理する部署がないことがシステム構築のルールがないため、各事業部毎にシステム導入を進めてきた
システム間の連携や、マスタやデータの連携などが図れていない
各業務、部署毎にマスタがあり、統一化されていない
長年の業務により、各部署で使いやすい独自マスタが多く存在し、連携が取れなかった(主なマスタは商品マスタ、顧客マスタなど)
工場、倉庫在庫が把握できないため、店舗、百貨店、通販営業部で、欠品、売り越し、過剰在庫、販売ロスがおきていた
システムが分断されていたため、各営業部で工場、倉庫在庫が把握できていなかった
営業段階での各種問題が発生していた

解決・改善

全社統一の基幹システムの構築、導入
トップの中心となり、事業部間を横団した全社統一基幹システム導入により、マスタデータや在庫データなど、部署間での必要な情報の共通化、一元化を実現
統合データベースの採用によりマスタデータの統一、ルール化構築
統合データベースの採用により、マスタデータを一元化し、部署間の連携を容易にした
システムだけではなく、マスタメンテのルール化を作成し、社内でルールの徹底を実現
在庫データの一元管理、共通化
路面店、百貨店、通販、各営業部での共通の在庫データを参照、使用することを実現
工場の生産計画、倉庫在庫などがリアルタイムで参照出来るので、各課題解決を実現