CASESE-ASPROの導入事例

  1. TOP
  2. E-ASPROの導入事例
  3. 小売業|スポーツ用品の店頭販売、通信販売事業

複数モールの「出品」「受注」「出荷」作業を一元管理

情報の一元管理と受注から出荷までをワンストップでシステム化「作業効率が上がる=1日の出荷量が大幅に上がる=売上が上がる」を実現。

目的

  • 受注の一元管理を実現したい
  • 商品マスタを一元管理し、出品情報の構築作業を省力化したい
  • 基幹システムの商品情報を軸に、モール出品用の基礎情報を作成し、それをベースに各モール毎の固有項目をメンテナンス出来るようにしたい

問題・課題

受注データがバラバラ
各モール単位でバラバラな仕様の受注データを集計する際、作業が煩雑だった
在庫管理できない
システム化していないので手作業の管理。受注のたびに、各出荷店舗に問い合わせ、在庫確認、出荷を行っていた
売上が伸び悩む
全て手作業管理の受注・出荷作業のため、1日の出荷量に限界があった

解決・改善

受注データ統一で集計作業がなくなった
受注データは管理画面に自動連携され、集計作業もなくなり、作業効率があがった
基幹システムと自動連携で在庫情報を管理
各店舗の在庫情報を毎日自動連携し、受注管理システム上で在庫引当を可能にした
基幹システムの在庫情報を出品用のデータに活用し、欠品、チャンスロスが無くなった。
作業の省力化で売上向上
受注から出荷までの作業軽減ができ、取扱アイテムも増加。作業効率が上がる=1日の出荷処理量が大幅にアップ

採用理由

  • 運送会社との抱負な連携実績に納得
  • パッケージの利用により他社よりも低価格で導入できた
  • 柔軟なカスタマイズ対応による基幹システムとのシームレスな連携を実現